他人には聞けない永久脱毛のすべて
  • TOP
  • 永久脱毛の選び方
  • 永久脱毛の料金
  • 永久脱毛の効果
永久脱毛 > 医療脱毛に関して > 医療脱毛のデメリット

医療脱毛のデメリット

人気ランキングはこちら≫≫≫


医療脱毛は年間多くの方が利用しており、現在ではエステサロンでも簡単に脱毛処理が行えるようになった為、より私たちに身近な存在へと発展していきました。
特にレーザー脱毛を初めとする医療機器の発達で以前よりもほぼ確実に脱毛できるようになり、更なる効果が期待できるようになった点が大きいです。
しかし中には無視できないデメリットもあり、もしこれらについて予め知っておかないと後になって自分が被害を受ける事になってしまうので油断は禁物です。
そこで今回は皆さんにも分かりやすいように様々なデメリットについていくつか紹介していきたいと思いますので是非読んでみて下さい。

「脱毛する時期を見誤ると大変な事になります」

毛には本来毛が生える時期と生えない時期に大きく分かれており、病院等では其々成長期と休止期と呼んでいます。
特に脱毛処理は毛が活発となる成長期に行うのが普通で休止期に処理を行っても中々効果が発揮できない事が良くあります。
その為もし休止期で脱毛してしまうと折角の処理が無駄になる上、費用がかさむ一方なので脱毛する時期を正確に見極める必要があるのです。
脱毛処理を行う際はまず最初に自分の毛周期サイクルを見極めてから処理を行うよう心掛けましょう。

「脱毛後の皮膚は刺激に非常に弱い」

レーザーによる脱毛は毛根部分に直接刺激してから脱毛処理を行う為、処理後は皮膚が非常に敏感な状態となっています。
特に外出時における紫外線の照射は致命的で、下手をすると患部を中心に色素沈着を引き起こしてしまい黒いシミが出来る可能性があるので気を付けなければいけません。
紫外線以外にも熱湯による刺激も厳禁となるのでなるべくシャワーを使って刺激を与えないようにする工夫が必要となります。
紫外線であれば日焼け止めクリームを使っておけば十分効果があるのでシミの発生を防ぐ事が可能です。
もし万が一にも黒いシミが出来てしまったらすぐに担当の医師やスタッフと相談してシミの対策をしてもらうようにしましょう。

脱毛クリニックランキング

レジーナクリニック

導入脱毛機器

ジェントルレーズプロ

おすすめ度

5.0 ポイント

最短8ヶ月で全身脱毛完了許認可取得済みの脱毛機だからツルツルに脱毛できます。

詳細はこちら

リゼクリニック

導入脱毛機器

Light Sheer DUET

おすすめ度

4.0 ポイント

リゼクリニックは、リスクを包み隠さず伝えることを宣言しているので信頼できるクリニックといえます。 予約キャンセルが無料なのも嬉しいですし、脱毛中のトラブルに関してかかる追加照射やお薬代も無料という親切さがおすすめポイントです。

銀座7丁目美容外科

導入脱毛機器

アレキサンドライトレーザー

おすすめ度

3.0 ポイント

脱毛終了後に自宅でケアしてもらえるように独自のケアアイテムを用意しています。そのため、敏感肌でお悩みの方などにはおすすめといえるのではないでしょうか。

永久脱毛に関して

医療脱毛に関して